アダプト・プログラム

【活動報告】海と日本プロジェクト(夏期)


1.【団体名】アイワ産業株式会社

【活動内容】

  • 活動日:2019年7月31日
  • 活動場所:小河原川
  • 参加人数:15人

【拾ったごみの量】

燃える: 6袋
燃えない: 6袋
資源: 1袋

【実施詳細】

折井手橋から上下流25mの区間の河川清掃

【参加者の声】

家庭ごみや不法投棄のゴミがありました。
ゴミを拾って川がきれいになり、気持ちがよくなりました。
グッズを身に着けて掃除したので、いつもより気合いが入りました。

アイワ産業株式会社

アイワ産業株式会社

△目次に戻る

2.【団体名】えがおグラウンド・ゴルフクラブ

【活動内容】

  • 活動日:2019年7月7日
  • 参加人数:14人

【拾ったごみの量】

燃える: 1袋
燃えない: 1袋

【実施詳細】

男性は草刈り機にて草刈りをし、女性は熊手で刈った草を集め、その後、散乱した可燃ごみ等を収集した。

【参加者の声】

今までは草刈りは実施してきましたが、ごみ拾いはしていなかったため、思わぬところからごみが出てきて、改めてこの活動の重大さを感じました。常日頃からきれいな状態にしていればポイ捨てはされにくいと思われますので、これからも捨てにくい状況を保てるよう、監視とごみ拾いに努めていきたいと思います。

えがおグラウンド・ゴルフクラブ

えがおグラウンド・ゴルフクラブ

△目次に戻る

3.【団体名】NSウエスト株式会社

【活動内容】

  • 活動日:2019年7月12日
  • 活動場所:河川・道路(工場周辺)
  • 参加人数:6人

【拾ったごみの量】

燃える: 3袋
燃えない: 2袋
資源: 1袋

【実施詳細】

経営管理部の幹部社員を中心に6名が集合。ビブスとタオルマフラー、軍手、火ばさみを装備。工場周辺の道路や河川のゴミ拾いを実施。側溝の中や雑草の茂みの中などから、缶ビールの空き缶や飴玉のカス、弁当ガラなどを回収。ゴミの分別時間も含めて9:00には活動を終了した。

【参加者の声】

家庭ごみを捨てているように感じるものがあった。自分の家の前には捨てないだろうに。
中身の残ったスプレー缶があった。捨てるのに困って川に捨てたのだろうか。
火のついたたばこが落ちていた。気づかずにゴミ袋に入れると火災の危険があった。

NSウエスト株式会社

NSウエスト株式会社

△目次に戻る

4.【団体名】彼方まちづくりクラブ

【活動内容】

  • 活動日:2019年7月15日
  • 活動場所:石川
  • 参加人数:46人

【拾ったごみの量】

燃える: 250袋

【実施詳細】

石川右岸の草刈りを行った後、プラスチックやペットボトル等のごみの回収を行った。

【参加者の声】

私たちのまちは村の表現が合うところですが、それでもこの活動のおかげで幅広い年齢層の人たちが参加協力してくれるので、地域として新しい交流の場になっています。

△目次に戻る

5.【団体名】川井ホタルを育てカジカを守る会

【活動内容】

  • 活動日:2019年8月11日
  • 活動場所:神谷川、見谷川
  • 参加人数:14人

【拾ったごみの量】

燃える: 1袋
燃えない: 1袋

【実施詳細】

河川敷の草刈り後、ごみ拾いを実施した。

【参加者の声】

・暑かったけど、きれいになったので良かった。
・次回の活動について、意思統一ができた。

6.【団体名】川づくり 21

【活動内容】

  • 活動日:2019年7月21日
  • 活動場所:高塚川
  • 参加人数:12人

【拾ったごみの量】

燃える: 20袋
燃えない: 1袋
その他: 草・紙屑・空き缶・傘

【実施詳細】

7:50集合~8:00清掃開始~9:00休憩~9:15清掃開始~9:50清掃完了~10:00片付け

【参加者の声】

蒸し暑い中、清掃作業に頑張った甲斐があり、キレイになりました。

川づくり 21

川づくり 21

△目次に戻る

7.【団体名】河政建設株式会社

【活動内容】

  • 活動日:2019年8月31日
  • 活動場所:石内川
  • 参加人数:10人

【拾ったごみの量】

燃える: 11袋

【実施詳細】

護岸およびその周辺の雑草を草刈り機で除草した後、空き缶やプラスチックごみ等を拾い集めるなどの清掃活動を実施した。

【参加者の声】

支給を受けたビブス等を着用してボランティア活動を実施した結果、参加者からは「一体感を持てて良かった」との声が上がるなど好評であった。

△目次に戻る

8.【団体名】高大基清会

【活動内容】

  • 活動日:2019年7月19日
  • 活動場所:実松川
  • 参加人数:5人

【拾ったごみの量】

燃える: 3袋
燃えない: 1袋

【実施詳細】

曇りで蒸し暑く、途中小雨が降る日で参加者は5名だった。河川も前日からの雨で増水しており、周りの草が生い茂り、なかなか中に入ることができない状況で、大変だった

△目次に戻る

9.【団体名】スリーテック株式会社

【活動内容】

  • 活動日:2019年8月13日
  • 活動場所:荻浜漁港
  • 参加人数:7人

【拾ったごみの量】

燃える: 5袋
燃えない: 1袋

【実施詳細】

スマイルサポーター活動として荻浜漁港のごみ拾い・除草作業を行いました。

【参加者の声】

リボンアートフェスティバルの開催直後にきれいにすることができて良かった。

△目次に戻る

10.【団体名】せんだいアダプトオアシスプログラム 八幡同友会

【活動内容】

  • 活動日:2019年7月7日
  • 活動場所:田海都市緑地
  • 参加人数:10人

【実施詳細】

10,500㎡の広大な場所の清掃活動を実施した。

【参加者の声】

天気も良く、大変きれいになり、満足する声が多かった。

△目次に戻る

11.【団体名】株式会社千代田工務店

【活動内容】

  • 活動日:2019年8月3日
  • 活動場所:本郷橋から木次(南方中央橋)235m
  • 参加人数:8人

【拾ったごみの量】

燃える: 4袋
燃えない: 4袋
資源: 3袋

【実施詳細】

連日の猛暑の為、8時から1時間清掃活動を行った。ここ北広島町では7月21日に台風5号の接近及び梅雨前線による大雨に伴う千代田地域に発令していた【警戒レベル4】避難指示(緊急)も出て、大雨による道路災害、家屋災害も数か所あり、このたび、清掃した河川も木の枝や、木材で堰き止められていた箇所もあった。河川は道路のそばにあるので、ポイ捨てが多い。

【参加者の声】

おそろいのビブス・タオルを着用したことで、一体感があり、通行人も関心を持って、声をかけられたりした。又、会社のPRにもなり、ポイ捨てが減るのを期待する。

株式会社千代田工務店

株式会社千代田工務店

△目次に戻る

12.【団体名】永田川カエル倶楽部

【活動内容】

  • 活動日:2019年8月10日
  • 活動場所:鎌木海岸
  • 参加人数:10人

【拾ったごみの量】

全体回収量: 重量 255.3kg 容量 1,370リットル
不燃物 (重量:1.2kg)
資源(ビン・かん) (重量:0.9kg)
カキ養殖パイプ (重量:4.3kg)
カキ養殖筏ブイ (重量:13.7kg)
漁業関係筏の竹・筏の木 (重量:12.4kg)
自然ごみ 流木・海藻等 (重量:222.8kg)

【実施詳細】

ビニール・ペットボトルは海藻の中に混在していたので自然ごみとした。海藻が多く漂着した。 2018年豪雨の流木と思われる(乾燥した流木)が2本漂着していた。 梅雨入りし南風が引いたため大量のごみが漂着した。

備考:「活動紹介ピックアップ」をご覧ください。
https://www.kankyobika.or.jp/adopt/adopt-program/example-report/jirei-1908

△目次に戻る

13.【団体名】百久保霊園管理組合

【活動内容】

  • 活動日:2019年7月

△目次に戻る

14.【団体名】前田道路株式会社

【活動内容】

  • 活動日:2019年7月
  • 活動場所:京橋川
  • 参加人数:8人

【拾ったごみの量】

燃える: 1袋
資源: 1袋
ペットボトル: 4袋

【実施詳細】

・活動時間は9時~10時
・当日は晴天で気温30度を超える中、参加者は汗をマフラータオルで拭きながらごみ拾いを熱心に行った。
・季節柄、ごみは「ペットボトル、飲料用空き缶」が殆どであった。

【参加者の声】

・ベンチ周辺にタバコの吸殻が多数放置されていた。
・ごみはごみを呼ぶとの例えどおり、多種類のごみがベンチ周辺に多数見受けられた。

前田道路株式会社

前田道路株式会社

△目次に戻る

15.【団体名】特定非営利活動法人夕なぎ 地域活動支援センター茶の間トミー

【活動内容】

  • 活動日:2019年7月5日

△目次に戻る

メニュー 個別ページで表示

サイドバー まち美化キッズ

サイドバー Facebook

サイドバー 会員専用ページログイン

地方連絡会議専用ページ

ログイン

※ID・パスワードが必要となります。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

Page Top