アダプト・プログラム

アメリカのアダプト・プログラム制度


  • ・公共スペースの管轄権を持っている州運輸局等の部局が主導し、散乱ごみのある場所を選定する。
  • ・住民や地元企業などに、一定区画をアダプト(養子)させ、定期的に清掃するなどの面倒を見てもらう(活動団体は、経費のみを負担する場合もある)。
  • ・当局は、アダプトプログラムについて契約書を取り交わし、清掃用具、作業衣、作業標識などを貸与する。
  • ・アダプト区画の始点と終点に、活動しているボランティアグループ名を、インセンティブとして立看板で掲出する。
  • ・分別回収したごみ袋は当局が回収する。

コーディネーター
活動団体
活動内容
州運輸局 高速道路
  • ・クラブ会員
     (例:ライオンズクラブ)
  • ・職場の仲間
     (例:ホワイトハウス職員)
  • ・隣近所の集まり
     (例:アパート住民)
  • ・教会など宗教団体
  • ・市民団体
  • ・学校
  • ・地元企業
  • ・その他
散乱ごみの清掃美化活動
  • ・花を植える
  • ・樹を植える
  • ・落書きを消す

  • 管理活動
  • ・水やり
  • ・枝の剪定
街路脇
道路脇
群道脇
ランプ周辺
公園レクリエーション局 特定の場所
公園
砂浜
海岸
湿地

米国アダプト・プログラム(Adopt a Highway)に関する調査


【目次】

米国アダプト・プログラム(Adopt a Highway)に関する調査(2012年度)
食環協の派遣団が2007 年のテネシーで開催された国際アダプト・プログラム会議に参加して以降、 米国におけるアダプト・ア・ハイウェイ・プログラムの調査は行われていない。そこで、2008 年~2012 年の5 年間の変化をフォローアップし、概観する。

米国アダプト・プログラム(Adopt a Highway)に関する調査 (2007年度)
アダプト・プログラム シンポジウム2007  食環協プレゼンテーション A-A-H国際会議参加報告

メニュー 個別ページで表示

サイドバー まち美化キッズ

サイドバー Facebook

サイドバー 会員専用ページログイン

地方連絡会議専用ページ

ログイン

※ID・パスワードが必要となります。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

Page Top